病気の際はどうするのか、医療事情

インドで生活を送ることになった人が必ずといっていいほど不安になるのが衛生環境と医療事情です。万一病気や怪我に見舞われた際、そこまで深刻でなくても体の調子が悪くなった場合にはどうすればよいのか、インドの医療事情を知っておきたい人も多いはずです。

 

医療レベルに関してはインドはかなりの高水準といえます。行われている医療行為そのものは日本とも遜色なく、脳外科手術、バイパス手術といった高度な治療も行われています。ただ、公立病院と私立病院の間で環境にかなりの差が見られる傾向があります。結論から言えば私立病院を選んだ方がよいでしょう。医療レベルが高いだけでなく、衛生面においても大きな違いがあります。さらに語学力の問題もあり、私立病院の職員は英語が話せることも多いので日本人はこちらを選ぶべきでしょう。なお、他には開業医(ホームドクター)の選択肢もあります。こちらはあらかじめ予約しておく必要があるので注意が必要です。

 

メリットは診療費・医療費が安いこと。物価が日本に比べて安いというのもありますが、公立病院なら5〜10分の1程度で治療を受けることができます。体調を崩しやすい一方、治療を受けやすい環境、とも言えるかもしれません。ただ公立病院に比べて私立病院の医療費はかなり高くなるのでその辺の確認はしておきたいところです。治療に加えて初診の際に登録料がかかります。日本でいうところの初診料に当たります。