おすすめ人材紹介会社2つ

人材紹介会社を経由して求人を探してもらうことで、日本人が働きやすい求人を提案してもらうコトができます。日本国内で使えるものですので、相談登録してじっくり検討しておくことをオススメします。

 

インド駐在むけの求人を探す場合はリクルートエージェントがおすすめで、現地採用も含めて探す場合はJAC Recruitmentがおすすめです。

 


リクルートエージェントはご存知リクルート社のサービスの1つで海外転職をめざしたい方のための専門のサービスとなっています。駐在求人はそれなりのスキルやキャリアが人材に求められますが、ここからスタートですね。

 

≫リクルートエージェント無料相談はこちら

 

 

JAC Recruitmentは国内でも使える外資系サービスです。日本を始めアジア各国に支社があります。(残念ながらインドにはまだ無い)が、求人も見られますので、登録して支援を受けられると良いでしょう。

 

≫JAC Recruitment 無料相談はこちら

 

 

インド求人で日本人の雇用の可能性がある仕事とは

インドは不思議な魅力に溢れた国とよく言われます。日本人から見ると非常に雑多な印象を持ち、また因習にとらわれ、衛生面などにも不安を抱えている国というイメージが強い一方、寛容で親しみやすく、親日感情が高い国といった面も備えています。目覚しい経済発展を続けている点も忘れてはならないでしょう。日系企業の進出も積極的に進められていますが、こうしたインドの事情から日本人に向いている仕事や就きやすい仕事とそうでない仕事がはっきり分かれる傾向も見られます。ではインドで活躍している日本人はどのような仕事に就いているのでしょうか?

 


この点については日系企業の駐在員として働くか、インドに直接赴いて就職するかによっても傾向が異なりますが、前者の場合は技術職が多いのが特徴です。まず生産拠点としてインドに進出している自動車・機械開発関連の業種では研究開発、エンジニアといった専門職のほか、生産管理や品質保証といった管理職、さらにデザイナーなどの仕事で日本人がスタッフとして活躍しています。こうした分野のスキルやキャリアに自信がある人はまずインドへ進出している日系企業の求人を探すのが一番の近道となります。

 

一方インドで現地採用される形で働いている日本人で多いのはサービス業と営業職です。日系企業の法人ではなく、日本人がインドで店舗や企業を立ち上げるケースも増えており、そのスタッフとして営業やマーケティングに携わる日本人も増えています。日本企業が誇る手厚いサービスをそのままに、インド社会に受け入れられるようなサービス環境やインドの人たちに広くアピールできるマーケティング戦略などを担当しています。またインド企業で事務職として働く日本人も増えていると言われています。きめ細かな日本人は事務職としての評判がよいようです。

 

このように、インドで日本人が就きやすい仕事はやはり日本社会やビジネスシーンの強みを活かせる業種が多く見られます。裸一貫インドに赴いてチャンスを探すのもよいですが、あらかじめリサーチしたうえでチャンスを得やすい仕事をピックアップしたうえで探していった方が納得のいく職場を見つけやすいです。とくに本格的にインドで生活を送りながら長く働いていきたい人はまず国内でインドの求人を探したうえで実際の渡航・移住計画を立てていくコトをおすすめします。人材紹介会社で扱うインドの求人も増えていますから、日本語で詳細を確認できる情報からうまく活用し、必要に応じてキャリアコンサルタントのアドバイスを得ていけば良いと思います。

 

 

インドでの働き方、駐在員/現地採用という選択肢

インドでの働き方には2つのタイプがあります。インドに進出している日系企業に進出し、駐在員の形で派遣されるタイプと、本人が現地へ赴いて職探しをして採用されるタイプです。また、インドに進出している日系企業に採用されるケースもあります。つまりあくまで日本で働く日本人ビジネスマンとしてインドで働くか、インド社会の一員としてで働くかで大きな違いがあるのです。駐在員は原則として赴任期間は数年程度なのに対し、現地採用は転職や失職がない限りずっとインドで働き続けることになります。後者の場合はインドでの働き方だけでなく、暮らし方も身につけていく必要があるわけです。

 

この点以外にも駐在員と現地採用の間にはいくつかの違いが見られます。まず給与体系。駐在員の場合には日本国内で働く場合よりも手当てなどによって2〜3割程度高い収入を得ることができます。つまり日本で働く同僚よりも高収入になるわけです。とくにインドは衛生面や治安面においてまだ不安を抱えている面があるため、手当ても厚くなります。一方現地採用の場合はインドの物価、給与水準のもとで給与が決められるため、日本人だからといって特別に収入が高くなることはありません。駐在員が年収500万円程度もらえるのに対し、ローカル採用では200万円程度も珍しくありません。この収入面が最大の違いといってもよいでしょう。

 

待遇面でも大きな違いがでてきます。駐在員の場合は会社側が住宅を用意してくれることが多く、生活環境においても最大限の配慮がなされるうえ、住居手当などがつけられます。移動のための車が用意されたり、地位によっては運転手付きで用意されることもあります。現地採用ではもちろんそんなことはありません。住宅は自分で探し、通勤も自分で交通手段を探して見つけることになります。

 

福利厚生の面でも駐在員は年金、雇用保険など日本の基準で用意されるうえ、現地で万一のことがあった場合には手厚い補償が受けられます。医療費の補助などもあります。現地採用ではこれらの福利厚生はインドの基準で適用されるため、どうしても充実度で見劣りしてしまうのです。

 

こうして違いを見ると現地採用の不利ばかりが目についてしまいますが、一方インドの社会に溶け込んで生活しながら働くことができる、日本にはない業種で働くチャンスが得られるといったメリットがあります。また日本では絶対に得られない経験を重ねることができる点も駐在員にはない大きな魅力です。国際化社会を迎え、海外で経験を積み重ねることが求められている現在のビジネスシーンで通用するスキルやキャリアを身につける機会ともなってくれるでしょう。

インド駐在の求人に見る必要なスキル等

中国の影に隠れている印象もあるものの、目覚しい経済発展を続けているのがインドです。日系企業の進出も積極的です。親日派の首相が就任したことで今後日本との関係がますます緊密になっていくことも期待されています。そうなると日系企業がインドに設立した法人に駐在員として派遣される機会も増えてきます。実際人材紹介会社で扱っている求人でもインド駐在員としての募集が見られるようになりました。

 

インド駐在員の特徴として見られるのは求められる人材が非常に幅広いこと。高度なスキルや経験が求められるものから、未経験でも応募が可能なものまでじつにさまざまです。それだけ多くの企業が進出し、人材が売り手市場となっている様子が窺えます。これからインドで働く日本人は今後のインドでのビジネスの形を作り上げる、そんな役割を担っているともいえます。そう考えると未経験もあまりマイナスにならない面もあるのでしょう。

 

ではどのような業界からの求人が多いのでしょうか?よく見られるのは開発研究やエンジニア、デザイナー系といった専門的なスキルが問われる技術系、さらに生産管理や品質管理といったキャリアが必要な仕事も多く見られます。こうしたケースでは新たに新規企業を立ち上げる際の創立メンバーとしての求人が多く見られるのが特徴です。一方でここ数年増えているのが営業やマーケティングの仕事です。インド市場の拡大に伴い生産拠点としてだけでなくモノを売る場としての可能性も急上昇している証でしょう。製品開発はもちろん、販路開拓のためのマーケティング、さらにはカスタマーサポートといった業務での仕事があります。

 

求められるキャリア、語学力、スキルなどは当然どのような職種、そしてポストに就くかによって異なってきます。マネージャークラスの求人では当該分野における5年以上の実務経験が求められるケースが多いようです。語学力に関しては明確な基準を設けていないことが多く「商談に支障のないレベル」との設定が求められます。マネージャークラスではない求人では未経験でも応募が可能なところも見られ、「行動力がある」「適応力がある」「チャレンジ精神が旺盛」といった要素が求められる傾向が見られます。

 

それから給与、福利厚生、手当てなどはどうなっているでしょうか?年収はマネージャークラスで500万〜700万円、一般の駐在員では300〜400万円程度。月給制度が採られています。手当・福利厚生に関しては企業ごとに異なりますが、医療費補助、赴任・帰任の旅費の負担、給料の送付制度などが挙げられるほか、企業によっては危険地手当が付くこともあります。

現地採用の求人枠を探す際に知っておきたい事

インドで働く方法として現地採用があります。駐在員など日本の企業に勤務してインドに派遣される形ではなく、本人がインドに赴いて直接インドに居住している企業に採用される形です。駐在員となると一流商社などそもそも企業に就職する際に高いハードルが立ちはだかるため、海外で働くことを諦めきれずに直接現地採用を目指す人も少なくありません。

 

ではインドで現地採用されるためにはどのようなスキルやキャリアが求められるのでしょうか。インドでは日本人にどのような要素を期待しているのでしょうか?

 

駐在員とは異なり、基本的にはローカルの人と同じ待遇で採用されるわけですから、語学力は必須です。日常生活に支障がないレベルの英会話だけでなく、働きたい分野に特化したビジネス英語のスキルが求められます。この部分は絶対条件となるでしょう。それからスキルとキャリア。キャリアに関しては駐在員に比べてそれほど求められない傾向が見られます。業種によって異なりますが、未経験でも応募できる求人も多数見つけることができるはずです。

 

それよりもスキル。語学力が完璧だったり、すでにインドでの生活や仕事になじんでいたりする人ならともかく、これからインドに赴いて職探しをする場合にはコミュニケーションの難しさといったマイナス点を能力でカバーしなければなりません。まったく同じ条件なら地元の人を選ぶのは日本もインドも変わりません。逆に言えば専門的なスキルやキャリアを身につけている人はそれが活かせる仕事を探していくのがポイントとなります。一方スキルやキャリアが少ない人は日本企業の現地採用の求人を探す方法もあります。とくに近年ではサービス業の進出が進んでいるので狙い目です。

 

問題なのは給与や福利厚生、手当てなどの待遇面。インドをはじめとしたアジア諸国で働くローカル採用の日本人の平均給与は月給9〜17万円。現地の物価水準ではそれほど悪い数字ではありませんが、駐在員に比べればやはりかなりのデメリットとなります。福利厚生では特別扱いはされず年金や雇用保険といった日本では基本となる福利厚生も十分に整っていないところもあります。この点は手当ても同様です。

 

マイナスの部分だけを取り上げてしまったきらいもありますが、インドのライフスタイルがあっている人、インドでの生活に適応できる人にとっては現地採用は自分の可能性を試す良い機会でもあります。穏やかな包容力のある国民性、今後さらに発展していく可能性など、日本とは異なった魅力をもっている国です。給与・待遇面ではなく、生活環境ややりがいを重視して求人探しを行っていくとよいのではないでしょうか。

インドでの生活、住宅事情を知っておこう

インドの住宅事情はどうなっているのでしょうか?よほどエグゼクティブな身分でもない限りホテルで居住することはありませんから、インドの住宅事情に居住環境が大きな影響を受けることになります。

 

インドの住宅用建築物は通常3〜4階くらいまでと集合住宅にしてはあまり高くないのが特徴です。これは規則で制限をかけられているからです。最大の注意点はフロアによって価格が異なること、そしてその基準が日本とは正反対なこと。日本では見晴らしがよく、道路の騒音から離れる高層階が人気ですが、インドでは低層階の方が人気が高く、家賃も高くなります。理由はインドの気候にあります。高層階であればあるほど日差しの影響を受けて暑くなるのです。この点は生活環境に直接影響を及ぼすだけに自分で住宅を探す場合には忘れないようにしましょう。

 

それからIT環境について。インドに居住する際、おそらく最も感心する部分となるでしょう。都市部ではほとんどの家庭でインターネット、それも高速回線が設置されています。これがインド経済発展の推進力になっているわけですが、ネットだけでなく電話回線も充実しており、国際電話や長距離電話を気軽に使用することができます。

 

日系企業の駐在員の場合は原則として会社が用意した住宅に住むことになりますから、最低限の設備が整った環境が用意されていることでしょう。そのほかの住宅の福利厚生では手当てがつくほか、自動車、ドライバーが用意されることなどが挙げられます。